SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    ジョルジョル (10/16)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    Mたろう (10/11)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    ペヤング (10/07)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    へっぽこなめ太郎 (10/01)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    剛毛クマおやじ (09/25)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    なめたけ君 (09/18)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    クリスポ (09/11)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    シンジ (09/04)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    ぽるなれふ (08/31)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    ケンタロウ (08/21)
RECENT TRACKBACK
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    freeporn (04/17)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    freeslots (04/17)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    americanairlines (04/17)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    southwest airlines (04/12)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    cheapairfares (04/12)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    menard (04/11)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    free ringtones (04/11)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    southwest airlines (04/11)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    car insurance (04/11)
  • ヘリウムガス、ガス風船、演奏者派遣専門ショップ 風船ルームオープンしました。
    payday loan (04/11)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

風船ルーム

ガス風船、ヘリウムガス販売サイト提供
当サイトは、お子様の誕生日(バースデ)、婚式(ウエディング}、各種パーティでご利用いただけるガス風船をご紹介するブログです。
卒園式の感動 バルーンを飛ばす!
風船リリース」は感動の世界へ案内してくれます。風船ルームも光景に何度出会ったことでしょう、しかし、この光景は何度出会っても「新鮮」な感動をもたらしてくれる。赤いふうせん、白いふうせん、ブルーのふうせん、緑のふうせん、オレンジのふうせんは、「ちいさな手」から「夢をのせ」、参加者全員の「歓声」とともに、「一瞬」にして大空へと飛び立つ、赤いふうせん、白いふうせん、ブルーのふうせん、緑のふうせん、オレンジのふうせんが入り混じりだんだんと大空へ吸い込まれてゆく、少しずつ、少しずつ、小さく、小さくなってゆく、いつのまにか夢の世界へと・・・。都内八王子の卒園式は、子供たちの心に沢山の感動と夢を与える事が出来最良の卒園式なった事でしょう。レンタルヘリウム返却箱に「心温まる」お便りをいれてご返送いただき、感激いたしております。準備に関わった皆さんにお礼申し上げます。「風船リーリス」の風船は天然ゴム100%です、落下後時間の経過とともに自然に返ります。また、口閉じ用の「エコクリップ」は、紙製でこれも時間の経過かとともに自然返ります。安心して「風船リリース」を楽しんでください。
お便りは、都内八王子の柳さんからいただいたものです。
| 風船 | 18:50 | - | - | - | - |
岡山朝日高等学校 3年B組 (2005年度)
2005.10.7便りが届きました。
嬉しさのあまりブログに書き込んでしまいました。岡山県立岡山朝日高校3年B組の皆さんの文化祭で、高校生の皆さんには高価な「ヘリウムガスの風船」を使い仮装の背景として「大好評」と便りをいただきました。3年B組の皆さんの「思い出の1ページ」をつくるお手伝いができ、「風船ルーム」のスタッフ一同も大喜び。でも、まもなく楽しい???、いや恐怖の「お受験」いや「受験」お待ちのようで寝ずにがんばってください。実に全員合格を願います。体調を整えGO!
| 風船 | 20:43 | - | - | - | - |
小杉放庵記念日光美術館 佐々木梅治「一人語り」

作:井上ひさし「父と暮らせば」(佐々木梅治)
詩:長津功三良「影たちの葬列」(朗読山ならし)
■出演:佐々木梅治
朗読グループ 山ならし
ヴァイオリン 渡辺朋子(演奏者派遣、風船ルーム)

作家 井上ひさし
・・・・・手に入った(被爆者の方々の)手記を数百篇 拝むようにして読み、そこからいくつもの切ない言葉を拝借して、あの時の爆心地の様子を想像しました。
そして、それらの切ない言葉を再編成したのが、この戯曲「父と暮らせば」です。その時のわたしは、「これらの切ない言葉よ、世界中にひろがれ」と何百回となく呟きながら書いていました。
新潮CD「父と暮らせば」より

ひょんなことから・・・

私のスタイルは「芝居、読み語り」として、照明、効果、装置一切なし、台本一冊手にした私の肉体だけといういたってシンプルなものだ。原爆投下後三年目の広島、登場人物も父と娘の二人だけ。井上氏のこの戯曲はとにかく素晴らしく、私の演劇生活三十余年はこの作品に巡り会うためにあったと言っても過言ではない。今までの稽古も含め何回演じたかわからないが、その都度突き上げられるような感動を覚える。このような作品はそうあるものではない。その感動に導かれ・・・・・
この作品の公演は、いくつもの不思議な力に支えられたものとなっているのである。と、佐々木梅治氏は語る。

「平和を願う朗読」 山ならし
山ならしの、一人一人の平和を願う、声、声、声。
あの広島の・・・・・
この「声」は、はっきりと平和を訴えている。
「ある平和」を「願う平和」へと、会場のすべての人の心に語りかけていた。
子供達を含めその場にいわわせた人すべては、平和と言う尊さを心に刻んだ事でしよう・・・
「平和への願い」は、小生も忘れてはいけないものであり、多くの人にも伝えたいと痛感しました。
夕刻から始まった朗読も、時間の経過とともに夕暮れに近づき、
夏の夜をさびしくも心を癒す、ヴァイオリンの奏でる「夕暮れ雲」の演奏が、「平和への願い」を、そう伝えているかのようにもおもえた・・・





| 演奏者派遣 | 16:24 | - | - | - | - |
今市青年会議所 25周年記念事業
「元気ハツラツ!自然遊びフェステバル」は7/31に開催されました。
夏休みの宿題は遊びながら終わそうよ!との、今市JCの良きパパ達の呼びかけで、入場者が絶やさず親子で参加していました。その一こまを紹介しましょう。あつい、あつい!1日でした。でも、子供達は「元気ハツラツ」。お父さん、お母さんご苦労様です。でも、子供達のこんな「いい笑顔」を見たら、もー、うーん、頑張ってください。

笑顔、笑顔、笑顔。

お二人で、「ポーズ」さらにお母さんの笑顔は最高!ですね。

やっぱり子供達は「ふうせん」かな・・・

「ふうせんおじさん」実はJCのメンバー。子供達にふうせんの「好きな色
な〜に」とやさしい〜、やさしい〜
お家では良きパパなんでしょうね・・・。
ふうせんおじさんはヘリウム、ふうせん、子供達に囲まれて1日頑張った事でしょう。
何でか、ふうせんの紹介をしてしまいました、やっぱり小生は「風船ルーム」なんですね・・・。
イベントでは、竹馬つくり、水鉄砲つくり、竹トンボつくり、プランターつくりペイントアート、フィルドプログラムと盛り沢山。子供達は悪戦苦闘しながらもお父さん、お母さんと楽しく作り、作品は次から次えと完成し喜びの笑顔。自然遊びを頑張ってくださった、今市青年会議所メンバーさんご苦労様でした。プログラムが終わるころにはさぞかし海焼け?ハハハ、自然焼けのことでしょう。大切な自然と遊ぼう。プログラム「竹馬つくり」

夏休みの宿題は遊びながら終わそうよ!終わったようです。
一生懸命子供達が作った竹馬に・・・あららお母さんが乗ってる・・・



| 風船 | 12:20 | - | - | - | - |
「のどぐろ」そして「覚えています」。

「のどぐろ」、この魚は「腹黒」と小生は覚えている。赤むつの仲間だそうですが、のどが黒いことから、この名がついています。白身で脂が多いため病人食としても珍重されました。特に塩焼、煮付けでは最高の味でしょう。もちろんお刺身でもOKです。島根県西部地方独特の魚です。数が少ないため市場にでまわることは希です。と、とある魚屋さんお薦め!(小生もお薦め!)
(浜田塩屋本店http://fish.miracle.ne.jp/ois/nodoguro.htm)
魚屋さんの説明では島根県西部地方独特の魚とありますが、記憶では食したのは新潟でした。なんでも新潟のお酒と海の幸をたんまりお腹いっぱいに食べて大満足!でも注文しておいたもののあり「小魚の煮付けー」程度に思いながら待っていた小生は、大きな失態。卓に届いた「のどぐろ」いや「腹黒」は、なんと、なんと30cmもある大物の煮付け「のどぐろ」でした。唖然としたノンベイは、来た物はくーの勢いでスタート、いやなんとおいしさにつられ「ついつい」きれいに食べてしまいました。おいしかった!それ以来日本海側にでると最初に「のどぐろ」から、ご注文!「これを食べてまずいと言う人はいないとの定説だそうです。確かにうまい。いやおいしい。と言う事で「腹黒」を思い出し、なんで「のどぐろ」?情報によると(TV画像)、へー!のどが黒いんだ〜!。確かに口を開けると口の中が真っ黒。今日の「のどぐろ」は、新潟にイベント用「ふうせん」を発送と言う事務所の情報を聞き、小生の頭の発想は「のどぐろ」・・・「腹黒」・・・と言う事でした。
| | 18:50 | - | - | - | - |